ご依頼・ご相談について


 

  •  外国人を採用したいので、ビザの手続きを代行してほしい。
  • 従業員のビザの申請が不許可になった。
  • 外国人を採用したいが、許可が出るかどうか、不安だ。
  • 従業員が結婚した。本人や家族のビザの手続きはどうすれば?
  • その他、入国管理局や日本国籍の取得手続きを中心にご相談、ご依頼に応じます。

どのように依頼・相談すればよいのでしょうか


  お電話またはメールでご予約の上、ご相談においでください。
 
 要件を満たしているかどうか、在留資格の取得の可能性があるかどうか等、責任ある回答をすることが私たちの仕事であると考えていますので、直接ご本人や会社の担当者の方とお会いし、書類を拝見し、お話をお伺いして、意見を述べさせていただいております。

 ご相談に当たっては、事前に
□ 外国人ご本人の履歴(学歴・職歴・日本入国歴)
□ 御社の概要(パンフレット等で構いません。どのような事業をされているのかを確認させてください。)
□ その外国人が御社で、どのような仕事に就く予定なのか
 以上をご用意ください。

 原則として、私どもの事務所(横浜市中区)にて、ご相談、打ち合わせを賜ります。
 また、採用人数が多数で資料が膨大な量になる場合や、社内規定で資料の持ち出しが難しい場合には、御社へ出張することも可能です。

 ご相談は、有料です(横浜オフィスでのご相談は1時間で5,400円です)。
 お支払いは当日現金で、または請求書をお送りして後日お振込でもかまいません。

 就労ビザについてのご相談ご依頼

 

 ◆ 面談相談 ◆ 平日は20時まで土曜日も対応できます。

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。

 ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。

 相談料は、1時間5,400円です(消費税込み)

 

 行政書士みなと国際事務所 

 ◆ 名 称  ◆  行政書士みなと国際事務所

 ◆ 代表者  ◆  行政書士 宮本哲也

 ◆ 所在地  ◆  〒231-0004

           横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

GoogleMapはこちら

 ◆ 電 話  ◆  045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)    

 ◆ FAX  ◆  045-222-8547 (24時間受付)

 ◆ Wechat  ◆  office3710

 ◆ 営業時間 ◆  月~金 10:00~18:00  


メールでの相談予約は

メモ: * は入力必須項目です


インターネットでのご予約

クービック予約システムから予約する

SKYPE(スカイプ)を利用した面談相談

遠方の方のために、スカイプを利用した面談相談を行います。
カメラ・マイクを利用できる環境をご用意ください。

 

スカイプの設定は、こちらを参照してください。
https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-computer/

 

スカイプによる面談相談も、通常の面談相談と同様に相談料は1時間5,400円、事前にご予約をお願いします。

 

ご予約の際には、お名前、連絡先(電話番号)、スカイプ名とご相談の内容をお知らせください。
スカイプ名の確認ミスを防ぐため、できるだけご予約はメールまたはWEBの予約画面からお願いします。

 

ご予約の手順

1 メールまたはWEBサイトから相談のご予約をお願いします。
 ・スカイプを利用した相談であることを明記してください。
 ・お客様のお名前、連絡先、スカイプ名をお知らせください。弊事務所からSKYPEの連絡先登録を行います。
 ・相談料は事前にお支払いをお願いします。  
  WEBサイトからのご予約の場合はクレジットカードで決済が可能です。
  メールでご予約の場合は、相談料の振込先をお知らせしますので、相談日までにお振り込みをお願いします。

 

2 ご予約の日時になりましたら、ビデオ通話にて、呼び出しをお願いします。
 ・文字チャットでの相談はできません。
 ・カメラ機能が使用できない場合、身分証明書のコピーを送付をお願いする場合があります。
 ・説明資料は、スカイプを利用してお送りいたしますが、携帯電話をご利用の場合などは、別途メールアドレスやFAX番号をお伝えいただければ、そちらに資料を送付いたします。
 ・相談の結果、ご依頼いただく場合には、ご依頼者様の本人確認が必要です。遠方の方のご依頼の場合は、本人確認の方法について、別途ご依頼の際にお知らせいたします。

 

※ ご予約のない方の相談には、対応できません。お手数ですが、事前にご予約をお願いします。
(平日は予約の3時間前までに、土曜日の相談は、前営業日の18時までにお願いします)



ID:0452228533
ID:0452228533

ID:m045k
ID:m045k


よくあるご質問 ~行政書士に依頼すれば、何をしてもらえるのでしょうか~

 行政書士に依頼をしたら、必ず許可は下りるのですか?

 

 働くための在留資格・就労ビザの申請の際には、外国人の方の学歴や職歴、働こうとしている会社の事業内容や経営状況、雇用契約の内容が許可条件に合致しているかどうかを事前に確認いたします。
ですから、私たちの行った申請は、不許可になることはほとんどありません。しかし、外国人の方の過去の入国歴や日本での滞在状況、御社のこれまでの外国人の雇用管理の実績から、申請が許可されないこともありますので、ご承知置きください。
受任・申請に際しては詳細にわたって確認をさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

 

書類は行政書士が用意をしてくださるのですか?入国管理局へは誰が行くのでしょうか?

 

 私たちは日本の官公署へ提出する書類を作成することを許されている行政書士です。各申請書、説明のための陳述書類、その他添付書類は行政書士が作成します。お客様には、外国人の方の経歴証明書や会社の各種書類を準備していただくのみです。また、出入国在留管理庁への申請手続きも行政書士が代行しますので、原則としてお客様に出入国在留管理庁へ行っていただくことはありません。

 

自分で申請をしたら、不許可になりました。不許可になった案件でも引き受けてくれますか?

 

 はい。大丈夫です。もっとも、全く要件を満たさないなど許可の可能性が全くない場合にはお断りいたしますが、多くの場合、申請内容を修正して必要書類を用意すれば、許可を取得することができます。

 

信用できる事務所かどうか心配です。

 

 私たちの提供するサービスは結果が出るまで成果を目にすることができません。多くの事務所が存在し、不法就労などの事件が多発している現在、信用できる事務所を探すだけでも大変な苦労だと思います。私たちは、お客様と信頼関係を築き、安心して依頼していただくためにも、必ずお会いしてお話をお伺いしてから受任しています。信用できる事務所かどうか、是非お客様の目で確認してください。

 

みなと国際事務所は、いつから入国管理局の手続きをしているのですか?入国管理局の手続きの他には、どのような業務をしているのですか?

 

 みなと国際事務所は、2002年に設立されました。2002年の開業当時から出入国在留管理庁の手続きを中心に取り組んでいます。他には、日本国籍の取得手続きである「帰化申請」を専門業務として取り扱っています。日本に滞在している外国人または外国人を雇用している企業へのリーガルサービスが当事務所の業務です。


所属行政書士

行政書士 宮本哲也 Miyamoto
出入国関係申請取次行政書士
神奈川県行政書士会所属
登録番号 02093190

 プロフィール 

 

 前職は航空管制官。日本各地の空港・飛行場の管制塔やレーダー施設で勤務。航空交通管制職員技能証明(CT・CR)、航空無線通信士資格取得。

 小さなミスが甚大な損害を発生させ、自らも刑事処分を問われるという職責を担う行政官として、法律・規則を熟知し適切に執行することの重要性を身をもって体験してきた経験をもとにして、行政書士としての仕事をしています。

 

 法律や規則には、それを作成した「趣旨」(=目的)があります。私たちは市民生活の手助けをする者として、法律や規則が「趣旨に沿った」運用をされるように行政に働きかけを行うことが、我々の存在意義だと考えています。


アクセス


フジテレビ 情報LIVEグッデイ!(2016年09月08日放送)

ワーキングホリデー制度についてNHK釧路放送局の取材に応じました。(2016年4月)

テレビ東京 ヨソで言わんとい亭(2015年2月19日放送)

帰化申請の現状についてNHK横浜放送局の取材に応じました。(2014年3月)

フジテレビ スーパーニュース出演(2014年2月20日放送)

帰化申請の現状についてNHK首都圏放送センターの取材に応じました。(2011年1月)

フジテレビ スーパーニュース 出演(2009年6月18日放送)

フジテレビ とくダネ!出演(2009年1月15日放送)

日本テレビ Newsリアルタイム出演(2008年10月21日放送)

読売新聞 登録支援機関について(2019年04月27日掲載)