労働保険について

労災保険

 労災保険は、アルバイトであっても労働者を1名以上雇っていれば加入しなければなりません。
適用除外となるのは、農林水産事業の個人経営事業で常勤の労働者が5人未満の場合に、事業主や労働者の過半数の意思で加入していないケースなどに限られます。
不法滞在(オーバーステイ)の労働者も労災保険の対象となります(労働者保護のため)。

雇用保険

 雇用保険(失業保険)は、勤務時間や雇用期間の短い労働者は適用除外となります。
また、常勤職員であっても、雇用契約を結んでいるのが外国の企業であり、日本には駐在しているだけで、給与も外国企業から支払われており、日本にある企業から受け取っていない場合は、雇用保険料の計算ができないため、適用が除外されます。

 反面、日本の職場で指揮命令を受けていなくても、日本の企業が賃金の一部でも負担をしていれば、雇用保険の適用となります。
(労災保険の場合と異なります)


 就労ビザについてのご相談ご依頼

 

 ◆ 面談相談 ◆ 平日は20時まで土曜日も対応できます。

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。

 ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。

 相談料は、1時間5,500円です(消費税込み)

 

 行政書士みなと国際事務所 

 ◆ 名 称  ◆  行政書士みなと国際事務所

 ◆ 代表者  ◆  行政書士 宮本哲也

 ◆ 所在地  ◆  〒231-0004

           横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

GoogleMapはこちら

 ◆ 電 話  ◆  045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)    

 ◆ FAX  ◆  045-222-8547 (24時間受付)

 ◆ Wechat  ◆  office3710

 ◆ 営業時間 ◆  月~金 10:00~18:00